力こぶの男性

EDと治療薬

ハートと男の子

ED(勃起不全)の男性は今や3人に1人と言われ、男性特有の深刻な問題として大衆化しつつあります。そんな人ごととはいえないであろうEDの原因とその改善に導く治療薬との関係性にスポットを当ててひも解いてみましょう。

EDとはErectile Dysfunction(エレクタイル・ディスファンクション)の略で、日本語では勃起障害や勃起不全と訳されます。一般的に「ED=勃起できない病気」と認識されていますが、正確には完全に勃起できない場合だけでなく、硬さが不十分な場合や勃起状態が維持できない場合でもEDと診断されます。また、たまに勃起しないことがあるといったケースでも、EDだと診断される可能性はあります。EDだと診断される範囲は広く、自身がEDだと認識していなくともEDと診断されることがあるのです。

EDのタイプは大きく4種類に分かれ、機能性(心因性)ED、器質性ED、混合性ED、薬剤性EDとなっており、生活習慣病と関連して発症するものから、ストレスが原因で発症するものまで様々なタイプに分かれます。

特に機能性(心因性)EDはストレス、緊張、夫婦関係、性行為の失敗などが原因の精神的なストレスなどで、交感神経が反応し持続的な興奮や緊張をもたらします。交感神経の活性化は副交感神経に影響を与えるため、性的な興奮がうまくペニスに伝わらず、EDが起こりやすくなります。主に20〜40代が多く、誰にでも起こりうる可能性が高いEDの原因なのです。

そもそもED治療薬は、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがるので、勃起しやすい状態にアシストしてくれる働きの為、心因性の方はそもそも性的興奮を受け入れられなくなっています。そうなると治療薬も効果が効きずらいため、薬の服用と共にリラックスしてセックスに挑む心意気が大切なのです。

Copyright(c) 2018 大容量のED治療薬ピーフォースフォートで大きな自信を身につけよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com