力こぶの男性

バイアグラとジェネリック

研究員の女性

1999年に発売された世界初のED治療薬バイアグラは、特許期間の満期を迎え、また新たな形で生まれ変わり人々に自信と希望を与えています。そのジェネリック医薬品とバイアグラの関係性を解説しましょう。

ピーフォースフォートのベースとなる『バイアグラ』とは一体何なのでしょうか。バイアグラは有効成分としてクエン酸シルデナフィルを含有しています。もともとシルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まり、狭心症への効果は僅かでありますが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応して発売されるました。1998年にアメリカでバイアグラという名称で販売を開始。発売直後からマスコミやインターネットなどで「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになりました。日本では1999年1月25日にバイアグラの製造が正式に承認され、同年3月23日よりファイザー株式会社より医療機関向けに販売が開始されました。

ED治療薬は価格が高く、なかなか手が出せないという人も少なくありません。毎月の負担は決して小さくないため、少しでも負担を減らしたいと考えるのが一般的です。そんな方に最適であるジェネリック医薬品は、開発・販売が許される特許が切れた薬のみです。特許期間中はその技術を自由に使うことができないため、ジェネリックを作ることができないのです。これまでバイアグラを始めとしたED治療薬は特許期間中であったため、これらのジェネリックも作ることができませんでした。しかし、バイアグラは2014年5月に特許が切れたため、ピーフォースフォートをはじめとするバイアグラのジェネリック医薬品が広まったというわけです。

Copyright(c) 2018 大容量のED治療薬ピーフォースフォートで大きな自信を身につけよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com